利益を確保する

パソコンを使っている

法令遵守は企業にとって重要視されてきた

会社経営において利益獲得が最優先事項です。しかし利益獲得はルールに則って実行しなければなりません。法律を逸脱した状態で利益を獲得しても、それは企業の持つ力と評価する事ができないからです。企業の経営活動の方法が悪質である場合、経済業界を大きく乱すリスクもあります。経済業界の秩序が一定以上保たれているのは、法律に従った経営活動を行っているからです。 そして近年では株主による投資額が増大しています。株主とは会社の業績が好調であると判断した場合、私財を投じて応援する存在の事です。彼らの協力が存在するから巨大な会社を経営する事ができるのです。よって企業経営において法令遵守する事の大切さは以前よりも増しています。

監査法人の活躍の場面が増える

企業の活動が正当な方法で行われている事は、監査法人の調べによって確認する事ができます。彼らは民間の団体であり活動を法律によって義務付けられていません。企業の自主的な要望によって監査は実行されます。法律で決まっていない事を実行する理由は、会社の活動方法が法律から離れる事を恐れているからです。経営活動に従事する人材は法律の知識に詳しいとは限りません。利益を優先する余りに活動内容が、法律の観点から危険域に陥る事はあり得ます。 だから監査法人によるサポートを経営者は望んでいるのです。監査法人によって正当な活動であると保証されれば、安心して利益享受に努める事ができます。今後は監査を担当する調査機関が増える事は間違いありません。