福利厚生が充実

オフィス

福利厚生で差別化を図ろう

大企業や伝統的企業の特徴は福利厚生がすぐれている事でしょう。年功序列型賃金にセットしているため、若手社員の給与は低く抑えがち。その分を福利厚生で補ってあげることで、生活補助をしてあげるというのが従来の考え方でした。そのため、多くの企業では、住宅補助が福利厚生のほとんどです。社員寮を用意する場合もあれば、住宅費の一部を補てんする場合もあります。相場としては2万円のようです。 他にはカフェテリア利用や保養所の利用があります。ときどきの贅沢を補助してあげることで社員の効用を高めるのが目的でしょう。 こうした福利厚生は社員のモチベーション向上のみでなく、節税にも繋がるため、大企業に限らず、一定レベルの利益を出し始めたベンチャー企業でも積極的に検討すべきです。

住宅補助だけがポイントではない

節税メリットもある福利厚生ですが、現在はやはり短期的に支給されることのほうが社員の効用が高いと言われています。定年まで勤め上げることを前提とする人が減っているため、給与のようにその場で消費できることにニーズが移っているのです。 こうした傾向が顕著に表れるのが、ITベンチャー企業の福利厚生です。飲み物や食べ物をオフィスにしっかり揃えることで、働く環境をより過ごしやすくすることに福利厚生予算を使っています。 中には和食、洋食、中華の本格ランチを毎日振る舞う会社、朝ご飯を用意する会社など社員の胃袋をしっかり押さえるところも出ています。会社に長くいる場合は、まさに短期的な紅葉の向上に直結するため、人気の取り組みとなってます。 優秀な人材採用の方法は複数あります。いろいろチャレンジしてみましょう。